FC2ブログ
主にゲームと自分の話題が主体のブログ

TOZプレイ記4

テイルズオブゼスティリア。私がプレイしている間にゼスティリアの批判がひどいことに。確かにあのDLCはさすがにプレイヤーを馬鹿にしているとしか思えないですよね。本編に盛り込めるはずの内容を本編でやらないのはいかんでしょ。

やっている人いない人ふまえてこの話題が中心になってますが、ゼスティリアが批判されているのはそれだけではないんですよね・・・今から書くプレイ記ですが、今回の部分からシナリオがとてつもなくひどくなってます。なんというかシナリオライターの人が変わってしまったんではないかというくらいの変わり様。序盤のワクワク感が一気になくなってしまいました・・・

やや批判的な内容も含まれているので見たい人だけ続きからどうぞ。今回はカンブリア地底洞から。
カンブリア地底洞
マシドラ教皇がいるとされるゴドジンに向かうためカンブリア地底洞を抜ける。ここの敵の中の術を唱える奴が非常に厄介ですね。6体構成で何体かが術を一気に詠唱されるとさすがに対処ができない。しかも頼みの神依化も奥義と術しか使えないので、術を止めるための特技を使える通常時での戦いを強いられることに。でも通常時は脆いので止められないと悲惨なことになるんですよね・・・
なるべく術を使うやつを優先的に倒してなんとか進んでいきました。


忘れられた村ゴドジン
村に入るとここの村長であるスランジが出てくる。スランジはこの村のために学校を建てたりといろいろと尽力をしているようだった。しかし作物も育たない資源に乏しい周辺の環境でこんなに村が発展しているのはおかしいと思い始めたスレイ達は村を調べる。

村の奥に行くと岩で塞がれている道があったがここでエドナの「巨魁の腕」を習得。これで岩が壊せるように。なおエドナは筋肉痛に悩まされる模様(チャットにて)

岩で塞がれていた場所を進むと倉庫になっていて、その中には大量の偽エリクシールが保管されていた。この偽エリクシールは普通のエリクシールとは違い、ただの滋養強壮薬かつ中毒性のあるものであることが分かる。いわゆる麻薬ですよね。
そこに村人がきてこの事実を隠蔽しようと憑魔化してスレイ達に襲いかかる。

撃退後村長が現れ自分が教皇であることを名乗り出る。スランジは教皇という責任のある立場を逃れたい一心で国を捨てて逃げたとのこと。逃げた理由が自分が責任のある立場にいたため、家族を顧みなかったせいで家族に見放された哀しみがあったから。そして今度は家族同然に慕ってくれる村の人達と平和に暮らしたいという思いがあってこういう状況になっていると説明。

スランジの言いたいことは分かるには分かるんですが麻薬を売りさばいてボロ儲けした挙句、自分達だけ幸せな生活がしたいと言っているだけのただの悪人なんですよね。偽エリクシールを掴まされた人はどうなっているのって話。

しかしスレイ達一行はこれらの行動を咎めずそっとしておいてあげようという結論に至りゴドジンをあとにする。
さすがにこれをスルーする主人公達には「えっ」と思っちゃいましたね・・・明らかにあの村長穢れてるでしょ・・・

火の試練神殿イグレイン
導師が4つの試練を乗り越えると新たな力が手に入るとのこと。そしてここが最初の試練の場所。
ここのBGMがとてつもなく良かったですね~。椎名さんの本気を見た気がする。

ここの仕掛けは燭台に火を灯して扉を開けていくというものなんですが、燭台の下の部分に枠が囲ってあって、枠の切れ目の部分から火を灯さないとつかなかったり、数字がⅠ、Ⅱ、Ⅲ・・・となっていてその順番に灯さないと開かないという仕掛け。
正直グラフィックが悪くぼんやりしているせいで床の細かい文字や枠の切れ目に気づくまでにすごい時間がかかりました。これ気づかない人はずっと解けなさそうな仕掛け。正直気づくかよこんなもんという人はいると思います・・・私のように。

奥に行ってボス戦。敵の攻撃をかいくぐりながらフリーランで石碑に触れて天族の封印を解除するというギミックのある戦闘。フリーランの鬼ごっこ感は相変わらずシュールすぎて草生える。もうフリーラン完全撤廃しよう(提案)
でこのボスなかなかに強かったですね。でも水の神依のチキン戦法をやれば楽に倒せることに気づいてからはサクサクダメージを与えられて倒せました。水の神依最強説。

自分に刃をむけるか天族に刃をむけるかとかいうよく分からない儀式のあとに火の試練をクリアして火の神依化での秘奥義が使えるように。火の試練を終えたあとはゴドジンの状況報告をするためにペンドラゴへ戻る。

聖なる皇都ペンドラゴ
セルゲイに状況報告のあと、フォートン枢機卿の様子を探るため教会神殿へと向かう。

ペンドラゴ教会神殿
ペンドラゴ教会神殿の奥へ進む。各色の石版をゲットして、その色に対応した扉を開いて進んでいくダンジョン。ここは特に難しくはなかったですね。ただ道中の敵がきつかった。ここでも術を使うやつが脅威でしたね。このゲーム術が異様に強い気がするんですよね・・・集団で術を唱えられると地獄でしかない。

奥へたどり着くとフォートン枢機卿が憑魔状態であるメデューサの姿に変貌し襲い掛かってくる。ここでデゼルが盲目であることが明かされる。デゼルだけメデューサの石化を受けないということで風の神依化で石化を防げるというヒントをもらい戦闘へ。
1回石化のタイミングがわからず適当に攻撃してたら不意に石化をやられて2人固まってボコボコにされて負けました。術を止めるために神依化解除したタイミングを狙ってやってくることはないじゃない・・・!
2回目は気をつけていたため倒せました。味方が石化してボコボコにされて戦闘不能になりましたが、無視して敵をひたすら殴ってました。ゼスティリアAIがアホなので一人で戦ったほうが楽なんですよね・・・こんなのもどうかと思うけどw

しかしフォートンを倒してもフォートン自身の穢れが強すぎて浄化できなかった。どうすることもできない状況にスレイは思い悩むものの殺すことを決心し、フォートンに刃を向けようとするが、これをロゼが制し、代わりにロゼがフォートンに刃を向けフォートンを殺害する。

この後のロゼのいいか悪いかを判断して殺しているから問題ないみたいな態度とそれに対して異議すら唱えずに「ロゼが穢れない理由が分かる気がする」などという発言に戦慄してしまいました・・・この世界では人を殺しても穢れないのか・・・

自分が悪いと判断して人殺すのがいいなんてことを平気で言ってしまうのはヤバイなと思いました。しかも殺したことを正当化した挙句、罪の意識の描写すらないという有り様。これはひどい。
さらに仲間はこういうことをしたロゼに対して激怒するどころか賛同し出すというね。じゃあ問答無用で憑魔を殺していたザビーダに怒っていたあの時は何だったのか。

王道のRPGと言われるテイルズでこんなストーリーを見せつけられて正直ショックですよ・・・せめて罪の意識を背負って生きていくとか今度は何がなんでも救うぞっていう姿勢だけでも見せて欲しかった。

本当にロゼ加入後からストーリーが破綻し始めてますね。どう考えてもシナリオライターが変わったとか誰かの指示でこういう変なストーリーに仕立てられていると邪推せざるを得ない。今回のシナリオライターがハーツやエクシリア2を手掛けた山本氏が担当しているらしいんですが、心温まるハーツのストーリーや感動的なストーリーのエクシリア2を描いた人がこんなひどいストーリーを書くわけがないと思っているのでこの邪推は間違ってないかもしれない・・・そう信じたい・・・

あれこれ言ってますが私はとりあえずクリアするまではこのゲームをやっていこうと思います。モチベは徐々に下がってますが頑張ってクリアしていきたいです。

それではまたー。



関連記事

スポンサーリンク

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ペティロ

Author:ペティロ
住処:名古屋のどこか 
(出身:静岡県)
好きなこと:ゲーム(主にRPG)、野球観戦

バロメーター
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

カテゴリー
最近プレイ中のゲーム

ふるーつふるきゅーと!

ミストトレインガールズ

バンドリ!ガールズバンドパーティ!

ドラゴンクエストウォーク

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ツイッター
ブログ内検索
スポンサーリンク
リンク
人気記事
カレンダー+最終更新日
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
RSSフィード