FC2ブログ
主にゲームと自分の話題が主体のブログ

遊戯王ARC-V 第27話の感想

遊戯王アークファイブの感想。ついにジュニアユース選手権が始まりました!
これからどんなデュエルが繰り広げられるのか非常に楽しみです。

今回の話を一言でまとめると
「因縁」
です。初戦から因縁のある組み合わせが多すぎるぜ・・・

感想は続きからどうぞ。
場面は遊勝塾の前から。修造は塾生みんなが出場できたことに喜びみんなと熱い抱擁をしようとするも・・・
轢き逃げ
みんなに避けられ転び、やってきた自転車に轢かれるという悲惨なことに。塾長は気合が空回りしすぎw

塾長から選手権の説明を受ける遊勝塾のメンバー。ジュニアクラスにはタツヤ、アユ、フトシが、そしてジュニアユースクラスには遊矢、柚子、素良が出場する。ちなみにこの選手権の名前は舞網チャンピオンシップ(Maiami Champion Ship)だそうで。略称はMCSで良さそうですね。

その後塾長が全力で戦えと熱血エールを送るもみんなスルーしてバスに乗り込む。みんなの塾長の扱いがひどいw
バスに乗り込んでいざ出発といったところでまさかの遊矢がいないという事態に。遊勝塾のみんなは遊矢を探すことに。

MCS中継
MCSは世界でも注目されている大会らしく取材まできているご様子。リポーターはスタジアムの中の様子も伝える。そしてリポーターが赤馬零児の姿を目撃したときに
リポーター「これはもしかして・・・零児様、零児様です!」
まさかの様付けww

零士様うちわ
様付けされるのを証明するように女性ファンの多くが零児に黄色い声援を送っていた。零児のうちわで草不可避。
零児が人前に姿を見せるのは珍しいらしく、一部のファンからはレアだと言われている模様。しかし、全てのクラスを優勝して15歳でプロになったという伝説は周知されているためかなりの有名人である。ハイスペックレアですね。

一方遊勝塾のメンバーは会場入りしたもののまだ遊矢の姿を見つけることはできなかった。そこにミエルが登場。ミエル再登場意外に早かったですね。ミエルは”私の”ダーリンが来てないって本当なのと一言。
燃える柚子
柚子「私のダーリン!?」
その一言に嫉妬の炎を燃やす柚子。父親にも勝る燃え上がりっぷりである。
さらにミエルは遊矢がいないのは私の両親に挨拶に行っているからと相変わらずの妄想っぷりを発揮して、柚子をさらに怒らせることに。
怒る柚子を必死に落ち着かせる子供達。今回ばかりはちびっ子達のほうが大人に見えるぜ・・・

ミエルは占えば遊矢がどこにいるかわかると言って占い始める。占いはミエルが示した方角に遊矢がいるという結果に。結構アバウトな占いですね・・・

そんなアバウトな占いでしたが本当にその方角のほうに遊矢はいたのだった。遊矢は大会前に父親のことを思いながら黄昏れていた。遊矢パパこと遊勝はストロング石島と戦う前に、遊矢に「ジュニアユース選手権がんばれよ」とエールを送っていた。それに対して遊矢は「父さんみたいなデュエリストになる」といったが、遊勝は「父さんみたいなじゃなくて遊矢らしさを大事にするんだ」と返す。この父親はいいこと言いますね・・・失踪したけど。

父親の言葉を思い出している最中に遊矢の母親の洋子がやってくる。みんながいなくなって心配していたから遊矢を探しにきたらしい。
母親のしごと
洋子「父さんに何かを伝えたいなら、ここじゃなくてあそこへいかなきゃ」
洋子はスタジアムの方向を指し遊矢をスタジアムに行くように促す。良い母親じゃないか。

母親に促されてスタジアムにやってきた遊矢。遊矢はみんなに心配をかけたことを軽く謝ったあとに、入場式が始まるということでスタジアムの中に向かおうとする。その時に遊矢は人とぶつかってしまうがその人物は・・・
暗国寺ゲン
遊矢VS権現坂のときに回想で出てきた遊矢をバカにしていた暗国寺ゲンだった。ストロング石島のファンである暗国寺は遊矢がストロング石島を破ったことを認めないと言い、俺が叩き潰して本当は腰抜けだと証明してやると相変わらずの態度。
権現坂と暗国寺
その様子を見ていた権現坂が暗国寺を制する。権現坂の安定のかっこよさ。
暗国寺は「兄弟子を呼び捨てか、偉くなったもんだな」と権現坂に言い寄るも権現坂は「アンタはもう兄弟子ではない」ときっぱり言い放つ。この2人もいろいろと因縁がありそうですね・・・

どうやら権現坂はジュニアユース選手権の出場をギリギリで勝ち取った模様。権現坂のデュエルがまた見られる喜び。
ヒロインの笑顔
権現坂の出場に満面の笑みを浮かべる遊矢。これはヒロインですわ。

開会式ニコ
開会式の進行はニコ・スマイリーが担当。あらすじがなくなってもまだ出番があるニコ。いいサブキャラなので今後も出続けてほしい。

ニコの選手入場の掛け声とともにそれぞれの塾の選手が入場してくる。
ユニオン塾
LDSの入場とともにちらっと見えたユニオン塾。ユニオンでどうやって戦うんだ・・・

LDSチーム
LDSのいつもの3人組(北斗、真澄、刃)と久しぶりの登場の沢渡さん。沢渡はこの3人と肩を並べて歩けるほどの実力をつけてきたのだろうか・・・沢渡さんの成長に期待。

黒咲隼参戦
そしてなんとLDSの代表として黒咲隼が出場していた。これには柚子や遊矢も驚いた様子。柚子は遊矢が黒咲のことを知っていたことにも驚いていましたが、遊矢も沢渡パパが仕向けたLDSの生徒達が黒咲に襲われていたところを目撃していたから知っているんですよね。

黒咲隼がLDSとして大会に出場した理由はやはり赤馬零児と関わっていた。零児は隼に対して自分と戦うための条件として「デュエル大会への出場」を提示していた。零児は自分の父親である赤馬零王と戦うために大会で最高のデュエリストを集めることを目論んでいた。
零児と零王は敵対関係にあったんですねぇ・・・息子と父親のデュエル戦争でもやるつもりなんだろうかw

零児は隼をこのデュエル大会に参加させることで、共通の敵である零王と戦うデュエリストをその目と腕で確かめてもらおうとしていたのだった。簡単に言うと戦力集めに協力しろよということでしょうw

他にもいろいろと色物個性的なデュエリストが存在する塾が紹介されて、お偉いさんの挨拶が終わったあとは選手宣誓。
ここでニコは選手宣誓になんと遊矢を指名する。しかも通達していなかったので完全アドリブという状態で選手宣誓を任された遊矢は当然戸惑った様子だったが、問答無用で壇上に上げさせられる。
ニコはこれもエンターテイナーへの第1歩だと言って選手宣誓をお願いする。ニコのプロデュースはまだまだ続く。

せんちぇ~
遊矢「せんちぇ~」
いきなり宣誓という言葉を盛大に噛む遊矢。相当テンパってるw
しかし父親のみんなを笑顔にという言葉を思い出し平常心を取り戻す遊矢。

遊矢は自分の父親が榊遊勝だということ、遊勝がいなくなってしまったこと、逃げたデュエリストの息子とバカにされたことに対して負けじと必死でデュエルをやってきたこと、それでもデュエルから逃げてしまったこと、強いデュエリストと出会ってデュエルが楽しくやれるようになったことを振り返りながら話していく。
そして「自分もみんなも楽しくデュエルが好きになるデュエリストになりたい」と強く宣言する。イイハナシダナー

先制の拍手
この宣誓の言葉に率先して拍手を送る零児。零児はこういうところを見る限りいいやつなんですけどねー。LDS内部でやっていることが不穏すぎるのでなんとも言いがたい。

選手宣誓の後はいよいよ1回戦の組み合わせ発表。
特殊な電波
組み合わせは登録カードをデュエルディスクにセットし、大会運営のコンピューターからの特殊な電波を受信することで対戦相手を決めるシステムだった。

遊勝塾の対戦相手はというと・・・
対戦相手沢渡
まさかの1回戦目から沢渡と対戦することになった遊矢。てっきり後半でぶつかると思ってましたがいきなりでしたねw
沢渡さんは一体どんなデッキで遊矢に挑むんでしょうかね。デッキが変わっているだけに今回も変わっている可能性は高そうですね。あと取り巻きとの絡みも楽しみかもしれないw

対戦相手真澄
柚子の対戦相手はこれまた因縁のある真澄との対決。柚子にとってはリベンジマッチという形ですね。

対戦相手暗国寺
権現坂の対戦相手はあの暗国寺ゲンだった。これまた因縁対決。

対戦相手黒咲
そして素良の相手はあの不審者黒咲隼だった。これらの対戦カード見る限り社長が電波いじって対戦カード仕組んでいるとしか思えないw
でもどの組み合わせも面白そうな展開になりそうで楽しみです。早くジュニアユースのデュエルが見たい。

組み合わせをみんなで見ていると真澄が柚子に「あなたが対戦相手のようね」と話しかけてくる。柚子は黒咲隼がなぜLDSのメンバーに入っているのかを聞くと
元々仲間
真澄「何言ってんの?彼は元々私達の仲間よ」
と衝撃の一言。記憶の抹消どころか記憶の改竄まで行われているんですがそれは。

大会はまずはじめにジュニアクラスの試合が行われていた。遊勝塾のトップバッターはフトシ。
フトシのデュエル
フトシのデュエルは省略の形で途中からのスタート。省略されたとはいえついにフトシもデュエルをやるようになったんだな・・・これでまたギャラリーとしての存在価値が上がりますね。

フトシが使うのはらくがきモンスター。絵が手抜き過ぎて違和感ありまくりですねw
対戦相手はニコニコデュエル塾のタケシ君。ニコニコって言われると別のもの想像しちゃうんだよなぁ・・・

デュエルはタケシがレッドマスクというモンスターで、フトシのらくがきじゅう すてごを攻撃。これに対してフトシは罠カード「らくがきちょう とおせんぼ」を発動し攻撃を無効にする。
そしてフトシのターン。フトシはらくがきじゅう すてごをリリースしてらくがきじゅう てらのをアドバンス召喚。てらのはらくがきじゅうを1体リリースすることでアドバンス召喚できるモンスター。
手抜き感
これが「らくがきじゅう てらの」
これまた手抜き感漂うモンスターである。

しかしてらのの効果はアドバンス召喚に成功したときに相手モンスターを1体破壊し、破壊したモンスターの攻撃力の半分を得るというなかなかの効果。手抜きモンスターだと思ってたら意外に優秀な効果をもってましたw
そしてフィールドが空になったところでダイレクトアタック決めフトシの勝ち。フトシのデュエルタクティクスは意外に高いのかもしれない。

フトシの次はアユの出番だった。アユの対戦相手は・・・
対戦相手零羅
LDSの零羅だった。見るからに不気味な雰囲気を漂わせているデュエリスト。果たしてどんなデュエルをしてくるのか。

今回はここまで。対戦カードの組み合わせがワクワクするものばかりだったのでこれからの展開がすごーく楽しみです。MCSの期待度は大ですね。早くデュエルが見たいぜ。

次回はアユVS零羅。アユはアユだけに魚族デッキを使うみたいです。なるほどそういう発想か。
エンタメ水族館
エンタメ水族館(アクアリウム)と言ってるので水族館がテーマのデッキになるんでしょうかね。アユのデッキも気になりますが、零羅の相手のモンスターをコピーするという謎のデッキも気になりますね。次回も楽しみ。

それではまた次回。
関連記事

スポンサーリンク

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ペティロ

Author:ペティロ
住処:名古屋のどこか 
(出身:静岡県)
好きなこと:ゲーム(主にRPG)、野球観戦

バロメーター
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

カテゴリー
最近プレイ中のゲーム

プリンセスコネクトRe:Dive

ふるーつふるきゅーと

バンドリ!ガールズバンドパーティ!

ドラゴンクエストウォーク

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ツイッター
ブログ内検索
スポンサーリンク
リンク
人気記事
カレンダー+最終更新日
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSフィード