FC2ブログ
主にゲームと自分の話題が主体のブログ

遊戯王ARC-V 第23話の感想

遊戯王アークファイブの感想。23話は遊矢VSミエルのデュエルの続き。前回の儀式召喚で盛り上がってきたところに今回は遊矢が・・・!

今回の話の一言でまとめると
「使えない使えるカード」
使えないと思ってたら使えるカードになっていたというそんな感じ。

感想は続きからどうぞ。
23話のはじめはニコ・スマイリーのあらすじから。アークファイブはあらすじに結構力を入れていますよねw
唐突もなく本編始まるのもいいんですが、こういうのは見てて楽しいのでこのまま続けていってほしいです。

デュエルは遊矢のモンスターが占術姫ペタルエルフの効果で全て守備表示になってしまったところからスタート。遊矢はモンスターがいる限り戦えると言う。アカン遊矢君それフラグや・・・
ミエルはまだデュエルを続ける気でいる遊矢にサレンダーを促す。サレンダーを勧めるデュエリストそれなりにいるよなぁ・・・

ミエルのターン。ミエルはタロットレイのもう一つの効果発動。その効果はリバースモンスターを全て裏守備にするというものだった。相手ターンにもリバース+裏守備とかタロットレイなかなかに強いですね・・・リバースモンスターの使い回しはいろいろと悪さできそう。
遊矢の場のモンスターは守備表示で、タロットレイでどれでも撃破可能だったがミエルは特に攻撃もせずにターンエンド。

遊矢のターン。オッドアイズを攻撃表示にするもまたしてもタロットレイ→ペタルエルフで守備表示にされてしまう。
ウィジャモリガン
そしてもう1枚のリバースモンスターもリバースし効果発動。もう1枚のカードは占術姫ウィジャモリガン。こいつの効果はエンドフェイズに相手の守備表示モンスターを全て破壊し、破壊した数×200のダメージを与えるもの。ペタルエルフとのコンボ前提のカードみたいですね。

ウィジャモリガンの効果が発動して遊矢の場は全滅。ペンデュラムモンスターである3体だけがエクストラデッキに送られる。ミエルが前のターンで攻撃せずにターンエンドしたのはウィジャモリガンの効果を最大限に発揮するためだった。最初見た時はただの舐めプかと思ってましたがちゃんと考えていたんですねw
破滅への運命
そしてミエルはデュエルは最初から自分が勝つことは決まっているといい、遊矢に破滅へと向かう運命という真実に目をそらさず見なさいと占いというよりも揺さぶりのような言葉を投げかける。そして2度目のサレンダー催促。

外野
外野の占い師達も早くやめたほうがいいと占いに出ているらしい。それにしてもこの軍団あやしすぎるぜ・・・これに囲まれながらデュエルをする遊矢の心境が知りたいw

遊矢は伏せてある罠カード「EM コール」から先の予測をする。またしてもフラグを立ててしまう遊矢。遊矢はフラグ立て過ぎじゃないですかね・・・

ミエルは悪あがきをする遊矢に対してアクションカードで占ってあげるといい、アクションカードを手にする。そのアクションカードは「ドロー・ロック」。なんと相手の次のドローをアクションマジック引くまで封じるというもの。アクションカードで解除できるとはいえドローロックはいかんでしょ。

一方その頃素良は6戦目の相手とデュエルをしていた。
オペラ
6戦目はまさかのオペラww
対戦相手の「これで私のライフは~ゼ~ロ~」の言い方が妙にうまくてワロタ。不意に笑わせてくるのはやめろぉ!

遊矢のデュエルに場面は戻る。ドローロックされた遊矢はアクションカードを求めて激走。ミエルは占いで出た不吉な予測から遊矢にこれ以上続けるのはやめなさいと注意するも、遊矢は聞く耳持たずでアクションカードを探す。
アクションカードを探す途中でアクションフィールドの一部が崩れ始める。北斗戦のときもそうだったけどアクションフィールドって案外脆いんですかねw

崩れ始め瓦礫が落ちてくる中に思い切って飛び込み見事アクションカード「奇跡」をゲットした遊矢。まさに奇跡。
ミエルは運命が変わったと驚いた様子だった。運命は変えるもの。
これでドロー・ロックの効果を打ち消し遊矢のドロー。ドローしてきたのは
融合カード
なんと融合だった。遊矢もびっくりした表情を浮かべる。どうやら慌てて出かけるときのバタバタで紛れてしまった模様。
使えないカード
遊矢「なんで俺は使えないカードを!」
堂々たる使えないカード宣言。??「使えないカードなんてない」
ルーンアイズの影
しかし突然遊矢の中で何かの影が現れる。そして遊矢は立ち上がりいきなりのエンタメデュエルスタート。毎回思うけどエンタメデュエルしているときの遊矢は別人格なんだろうか。1、2話の時もペンデュラム召喚を無意識にやっていたし。明らかにテンションが違いすぎてすごく戸惑うw

遊矢はペンデュラム召喚で再びエクストラデッキに戻ったペンデュラムモンスター達を召喚する。反撃に出たいところだったがタロットレイ→ペタルエルフでまたしても守備表示にされてしまう。ミエルはこの後のウィジャモリガンの効果もあるから勝利はないと遊矢に言う。
お嬢さん
遊矢「それはどうかなお嬢さん」
いきなりミエルのことをお嬢さんと呼び始める遊矢。もはや誰だお前状態。

遊矢はスプリングースの効果で時読みと星読みを手札に戻す。そして星読みの魔術師をアドバンス召喚する。このタイミングでデュエルの終わった素良と柚子が観戦にやってくる。グッドタイミングですね。

そして遊矢は融合のカードを発動!
みんな驚いた様子で遊矢の融合を見つめていた。
ルーンアイズ
オッドアイズの新たな姿ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴンを融合召喚。ルーンアイズかっこいいですね~、正直オッドアイズよりも好きなデザインです。
ルーンアイズの効果は融合素材にした魔法使い族のレベルによって攻撃回数が変化するというもの。今回はレベル5の星読みの魔術師を使ったため3回モンスターへの攻撃が可能になる効果が発動。敵を一掃する系の効果ですね。

イケメン遊矢
なんだこのイケメンは・・・
もはや遊矢の原型を留めてないですが遊矢のようです。この姿にミエルは心打たれた様子。ミエルちゃんはイケメンで妄想して鼻血出すくらいだから、こんなイケメンな姿を見て落ちるくらいちょろいのは仕方ないね。

ルーンアイズの攻撃でタロットレイ、ペタルエルフ、ウィジャモリガンを一掃しミエルのLPを削り切り遊矢の勝ち。ルーンアイズに乗って攻撃する遊矢の姿を見たミエルは鼻血を出して倒れる。短時間で出血しまくっているが大丈夫か?w

デュエル後遊矢のもとに子供達と素良、柚子がやってくる。タツヤはペンデュラム召喚と融合名付けてペンデュラム融合だねと一言。そのまんまなんですがそれは・・・
素良は融合を使った遊矢にすごいと一言。素良は融合が使える=デュエルうまいという認識なのだろうかw

そして遊矢は柚子に融合のカードを返す。遊矢は柚子に融合を使って違う自分になろうとして頑張っている柚子の姿を見習って自分もペンデュラムの先を見つけて見せると一言。お互いが向上しあういい関係になりつつありますねー。
いい雰囲気
なんとなくいい雰囲気になっているところに・・・
運命の人
遊矢に惚れたミエルがいきなり遊矢に運命の人と言いながら抱きつく。後ろの人の目が怖いよぉ・・・
遊矢もよくわからないと言って必死に柚子に説明するも、柚子が納得するわけもなく追い回されることに。

その傍らで占い塾の塾長が遊矢に向けて水晶をかかげて占うと水晶が真っ二つに割れてしまう。これは遊矢がこの先も不吉な運命に遭遇する予兆なんでしょうかね・・・

今回の話はここまで。今回のデュエルはとても面白くて良かったです。リバースモンスターを駆使して儀式召喚のパーツを揃えて儀式モンスターを出す。儀式モンスターの効果でリバースモンスターを活用してコンボを決めるという流れは見ていてとても気持ちの良いものでした。前回のデュエルでこの先が不安になってましたが今回ので一安心しました。本当にアレ(19、20話のデュエル)は何だったのか・・・

LDS絶対殺すマン
次回は不審者回!再び隼が登場。LDS3人組(北斗、真澄、刃)とデュエルをするという展開の模様。本当に隼はLDSしか襲う気ないんですね・・・LDS絶対殺すマン。
しかし、セイクリッド、ジェムナイト、Xセイバーを同時に相手できるほどレイド・ラプターズは強いんですかねぇ・・・いろいろと気になる点が多い。

それではまた次回。
関連記事

スポンサーリンク

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ペティロ

Author:ペティロ
住処:名古屋のどこか 
(出身:静岡県)
好きなこと:ゲーム(主にRPG)、野球観戦

バロメーター
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

カテゴリー
最近プレイ中のゲーム

ふるーつふるきゅーと!

ミストトレインガールズ

バンドリ!ガールズバンドパーティ!

ドラゴンクエストウォーク

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ツイッター
ブログ内検索
スポンサーリンク
リンク
人気記事
カレンダー+最終更新日
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード