FC2ブログ
主にゲームと自分の話題が主体のブログ

遊戯王ARC-V 第20話の感想

遊戯王アークファイブの感想。今回も簡単な感想を書いていきたいと思います。正直今回のデュエルはいろいろともったいないとしか言いようがないですね・・・

20話は前回の九庵堂栄太とのデュエルの続き。前回の終わり際はクイズばかりでデュエルが進まないというクソ展開でしたが、今回も序盤のほうはクイズ多めでデュエルをまともにしてないという展開でまたかよと思ったんですが、そこから遊矢が攻めに転じてペンデュラム召喚を仕掛けていったという辺りから少し面白くなりました。
キャストチェンジ
EM キャストチェンジ。新しいEMサポートですね。EMをデッキに戻して戻した数+1ドローできるというもの。リロードはアド損ですが、このカードは手札を消費せずにカードの入れ替えができるという面白いカードですね。
これを使って手札交換をしてからのペンデュラムの流れは面白いなと思いました。

リザードロー
EM リザードロー。新しいEMでモンスターが破壊されたときに自分フィールドに存在するEMの数だけドローできるというもの。なかなか強力なドローソースですね。

この後栄太のクイズーモンキーとスフィンクイズーのクイズに正解しても不正解してもモンスターが破壊されるコンボでオッドアイズが破壊されたときに発動し2ドローしました。リザードロー強い。
栄太もクイズーモンスター2体の連携で相手を必ず破壊できる状況に追い込むコンボはなかなかうまいなと思いましたね。もはやクイズ関係なくなってきてるけどw
リボーン・フォース
その後遊矢はアクショントラップを発動させて、わざとクイズに不正解してダメージ効果を受ける。その時に復活のエンタメ リボーン・フォースを発動し、その効果ダメージを相手に跳ね返すというコンボを成立させる。

これまでのアクションデュエルはアクションカードが不確定なものが多くなんか運頼みのイメージがありましたが、今回の場合はあらかじめ効果が分かっていて、その上で利用しているのでアクションデュエルの戦術としてはなかなか面白いなぁと感じました。

アクションカードは即座に使うよりもゲットしたり、使ったりして効果を把握した後で、どう絡めていくかを考えてデュエルを進めていったほうがアクションデュエルは面白くなるんじゃないかなぁ。即使用だと戦術もクソもないですからね。

これで潤沢にあった栄太のライフを大幅に削る。その後栄太のラスト・クエスチョンの効果で不正解となり、相手フィールドのモンスターを全て破壊する効果に対して、遊矢はEM アフター・エンドロールを発動し、オッドアイズの破壊を防ぐ。そして破壊されたモンスターの数だけパワーアップし、スフィンクイズーを撃破してオッドアイズの2倍ダメージ効果が発動し勝利という流れが今回のデュエルでした。

後半部分だけ見るとデュエル内容は面白いんですよねー。ただ前回と今回の前半部分の内容がひどいので台無しになってしまっている感は否めない。無駄なクイズを省いて栄太の理不尽クイズコンボと遊矢の不正解を逆手に取る戦術の応酬だけで良かったんじゃないかと思わざるを得ないですね。とりあえずいろいろともったいないデュエル回でした。

次回はまたストーリー回に戻るみたいですね。このままだとストーリーメインの回だけ面白くなるという状態になりそうなので次回のデュエル回では頑張って欲しいですね。いい部分はあるんだから台無しにすることだけは・・・

それではまたー。
関連記事

スポンサーリンク

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ペティロ

Author:ペティロ
住処:名古屋のどこか 
(出身:静岡県)
好きなこと:ゲーム(主にRPG)、野球観戦

バロメーター
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

カテゴリー
最近プレイ中のゲーム

プリンセスコネクトRe:Dive

ふるーつふるきゅーと

バンドリ!ガールズバンドパーティ!

ドラゴンクエストウォーク

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ツイッター
ブログ内検索
スポンサーリンク
リンク
人気記事
カレンダー+最終更新日
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSフィード