FC2ブログ
主にゲームと自分の話題が主体のブログ

遊戯王5D's 第145話の感想

遊戯王5D'sの感想。今回は遊星対アンチノミーのデュエル決着。遊星のこんなこともあろうかと具合が半端ないです。

今回の話を一言でまとめると
「デルタアクセルシンクロを超えたしつこさ」
です。遊星の執念が見られるこのデュエルである。

感想は続きから。
デルタアクセルシンクロでTG ハルバード・キャノンをシンクロ召喚したアンチノミー。そして後ろからブラックホールが出現して敗者は飲み込まれるという前よりもすさまじい状況になってしまったw

アンチノミーはTG ハルバード・キャノンでシューティング・スター・ドラゴンを攻撃。遊星はシューティング・スター・ドラゴンの効果を使い除外して攻撃をかわそうとしたが、ハルバード・キャノンの効果でフィールドを離れる効果を無効化される。さらに攻撃力も下げられる。
どっせい
次元の狭間から引きずり出される流星竜。ロボみたいなモンスターに掴まれてたたきつけられる伝説のシグナーを象徴するドラゴンである。エースモンスターェ・・・。

このまま無残に散ると思われたシューティング・スター・ドラゴンだったが、遊星はエンデューロ・ソウルを発動して、攻撃力800ポイントダウンさせて戦闘破壊を免れる。だがダメージは食らうため遊星の残りLPは100に。勝ち確や!

遊星のターン。遊星はロード・ランナーを召喚する。久しぶりのロード・ランナーの登場。てっきり遊星に見捨てられたものだとばかり思ってたw
だがTG ハルバード・キャノンのモンスターの召喚をシンクロ召喚に使用した素材の数だけ無効にする効果が発動する。これによりロード・ランナーは出オチで即墓地へ。ロード・ランナーが走る日はもう・・・ないのか;;
遊星はカードを1枚伏せてターンエンド。

アンチノミーのターン。アンチノミーはマグネティック・ストームを発動し、遊星の伏せカードを破壊する。そしてハルバード・キャノンでシューティング・スター・ドラゴンを攻撃。遊星はまた流星竜の効果で除外するが、ハルバード・キャノンにまたレイプされ捕まり、攻撃力が900に。このまま終わりかと思われたが、遊星は手札のデヴォーション・ガードナーの効果を使い、攻撃力1000以下のモンスターが攻撃されたときにプレイヤーへのダメージを0にする。さらにエンデューロ・ソウルの効果も発動して、シューティング・スター・ドラゴンは攻撃力100としてかろうじて生き残る。攻撃力100のシューティング・スター・・・満身創痍です。
アンチノミーはターンエンド。

そしてアンチノミーは余裕の表情で遊星に未来は変えられないと言う。しかし遊星はそれを否定し、未来を変えるために道を切り開くと強く言う。遊星は「これが運命だ」とか言われるのは嫌いですからね。ゴドウィン(超官モード)、プラシド、ハラルド・・・etcの運命発言を全て否定してきたから今度もそんな感じでしょうw

遊星のターン。遊星はエンジェル・バトンを発動し、2枚ドローして1枚を墓地に。このときネクロ・ディフェンダーを墓地に送る。そしてワイルド・ハートを特殊召喚。ワイルド・ハートのダイレクトアタックをして自壊する効果と他のモンスターの効果で破壊されると復活する効果を、シューティング・スター・ドラゴンの破壊効果を無効にして破壊する効果を利用して無限アタックをしかけようとするが、ハルバード・キャノンの召喚無効の能力の前に不発に終わる。万策尽きたかと思われたが
俺のデュエルはこれからだ!
遊星は墓地から罠カードリベンジ・リターンを発動する。墓地から罠だと!?
リベンジ・リターンの効果でまたワイルド・ハートを特殊召喚する。しかし、2回目のハルバード・キャノンの召喚無効効果でワイルド・ハートはまたも墓地へ送られる。ワイルド・ハートの処刑場状態ですなw

遊星はアンチノミーのようなデルタアクセルシンクロで呼び出せるモンスターはいなかった。だがアンチノミー(ブルーノ)が教えてくれた自分の可能性を信じれば、自分の限界を超えることができるという言葉を信じ、遊星はまだ可能性にかけてみることに。

スピード・ワールド2の効果でカード1枚ドロー。引いたカードは勝利の方程式を導くためのカードだった。遊星はバランス・シューターを召喚。ネクロ・ディフェンダーを除外して、このターン遊星が受けるダメージを0にする。そして、エンデューロ・ソウルの戦闘破壊無効+パワーダウン効果とバランス・シューターの攻撃力変化を無効にして、その数値分のダメージを相手に与える効果とのコンボを整える。
あとはシューティング・スター・ドラゴンの連続攻撃効果が成功すれば勝ちな状態に。アンチノミーの残りライフは1800。1回のダメージが800なのでチューナーを3枚引けば遊星の勝ちに。

1枚目ドロー!チューナーモンスター ターボ・シンクロン!
2枚目ドロー!チューナーモンスターとみせかけたくず鉄のかかし! 2枚目は不発に終わる。
3枚目ドロー!チューナーモンスター ニトロ・シンクロン!
4枚目ドロー!チューナーモンスターじゃないシールドウィング!(一瞬チューナーかと思ってしまったw)。4枚目も不発。
残りはあと1枚。これで運命が決まるラストドロー。
5枚目ドロー!・・・チューナーモンスター ハイパー・シンクロン!

遊星の奇跡ドローが成功して3回連続攻撃に。そのままハルバード・キャノンに攻撃。
演出犠牲
実際には破壊されていないのに演出により破壊されるハルバード・キャノン。ハルバード・キャノンは犠牲になったのだ・・・シューティング・スター・ドラゴンをかっこ良く魅せる演出の犠牲にな・・・。
アンチノミーのLPが0になり遊星の勝利。デュエルの後2人はブラックホール空間に飲み込まれてしまう。

ブラックホール空間の中でアンチノミーは遊星に、君の可能性を見せてもらった、この世界を救ってくれと頼む。アンチノミーは遊星と一緒に過ごしてきた中で、何度も不可能の壁を乗り越えてきた遊星の姿を見て、遊星の可能性を信じてみようと思っていた。アンチノミーは遊星に新たな力(デルタアクセルシンクロ)を伝えるためにデュエルをしたのだった。
アンチノミーは遊星と違う形で出会っていたら仲間になれたと言う。
遊星「アンチノミー・・・いやブルーノ!」
「ブルーノ・・・いやアンチノミー!」の応用編。この言い方の変化が遊星の感情の変化をよく表現してるなぁと感じる。

遊星「お前は俺達チーム5D'sの・・・俺の仲間だ!ブルーノ!」
遊星は本当にイイヤツダナー。ブルーノは遊星達を励ましながら、遊星がみんなとともに戦っている姿を見るのが大好きで、そこに可能性を感じていたと遊星に伝える。

ブルーノ「君たちと過ごした時間は最高に楽しかったよ」
その言葉を言い残し、ブルーノはDホイールを加速させ遊星のDホイールに勢いをつけてこの空間から遊星を抜け出す手助けをして、暗闇の中に飲み込まれていく
ラストブルーノ
ブルーノの最期の表情。アポリアといい、ブルーノといい散り際の表情がさわやかすぎて逆に辛い・・・。ブルーノ君もいいやつだったよ・・・・。

ブルーノの力で無事に元の場所へと帰還した遊星。しかし、ブルーノの姿はなく壊れたブルーノのサングラスだけが残されているだけだった・・・遊星は涙しブルーノの名前を叫んだのだった・・・。BGMと演出が反則だろ・・・泣けてくるぜ;;

次回はついにゾーンとご対面。ついにラスボス。遊戯王5D'sもそろそろ終わってしまうのか・・・寂しいねぇ。
それではまた次回。
関連記事

スポンサーリンク

コメント
今頃
今頃、思ったけどEDのラストに出てくる光ってるやつって、モンスターじゃね?
2011/02/01(火) 00:50 | URL | nome #-[ コメントの編集]
No title
>nomeさん
どうなんでしょうね。まあ何かしらのモンスターの可能性はありそうな気もします。もしかしたらこれが遊星のデルタアクセルシンクロのモンスターになるのかも・・・まあよく分からないですがw
2011/02/01(火) 10:39 | URL | ペティロ #5EHwic0g[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ペティロ

Author:ペティロ
住処:名古屋のどこか 
(出身:静岡県)
好きなこと:ゲーム(主にRPG)、野球観戦

バロメーター
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター

カテゴリー
最近プレイ中のゲーム

プリンセスコネクトRe:Dive

ふるーつふるきゅーと

バンドリ!ガールズバンドパーティ!

ドラゴンクエストウォーク

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ツイッター
ブログ内検索
スポンサーリンク
リンク
人気記事
カレンダー+最終更新日
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSフィード